歴史・文化コース~弘法大師ゆかりの地巡り~

2011年7月28日

四国は弘法大師ゆかりの地で、各地域には様々な伝説が残っています。その中で阿南に残るゆかりの地を巡るコースです。

阿南市役所

旅の出発地点

ic-arrow-move.gif車 20分
取星寺

大師が修行中、出現した災いを起こす星を秘法で降臨させ、その星と妙見菩薩と穀雨菩薩を本尊として建立されたといわれています。

ic-arrow-move.gif車 30分+徒歩 30分
太龍寺

青年大師が修行した場所として「三教指帰」にも記されている太龍寺は、四国霊場第21番札所で由緒ある多くの文化財が残されています。

ic-arrow-move.gif車 30分
平等寺

四国霊場第22番札所。大師が修行中五色の瑞雲の中、薬師如来を得たと謂われており寺内からはお乳のような白水が湧き出たことから白水山ともいわれています。

ic-arrow-move.gif車 10分
月夜御水大師-逆杉-

大師が薬師如来・不動尊を刻んだ杉の枝をさしたものが活着し大木になったと伝えられています。枝が1度下を向いてから伸びているので別名『逆杉』ともいわれている。

逆さ杉.jpg
月夜御水大師-逆杉-

 

ルート地図

関連ワード

お問い合わせ

阿南市観光協会
電話:0884-22-3290