歴史・文化コース~古事記神話古古道巡り~

2011年8月4日

「古事記の舞台は阿波だった?!」。日本最古の歴史書である「古事記」の研究に取り組んでいる阿波古事記研究会が徳島県内にある神話にまつわる神社や史跡を紹介している中で阿南市内にまつわる場所を巡るコースです。

阿南市役所

旅の出発地点

ic-arrow-move.gif車 45分
賀立神社

四国最東端の地、沖合に現れる白波がうさぎに見えることから「波うさぎ」と呼ばれ、神社にはうさぎの彫り物があります。

ic-arrow-move.gif車 30分
橘の小門

「古事記」に記された筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原」は、橘湾に面する見能林町一帯で、イザナギが禊ぎをした時に天照大神、月読命、スサノオ命が生まれたといわれています。

ic-arrow-move.gif車 5分
賀志波比売神社

天照大神誕生の地であるといわれています。

ic-arrow-move.gif車 20分
八桙神社

大国主命を祀っており、ヤチホコノ神とも呼ばれています。

賀立神社.jpg
賀立神社
橘の小門.jpg
橘の小門
賀志波比売神社.jpg
賀志波比売神社
八桙神社.jpg
八桙神社

詳細はこちら>>

ルート地図

関連ワード

お問い合わせ

阿南市観光協会
電話:0884-22-3290