能路寺山古墳

2016年12月8日

nouroji.jpg

1

能路寺の裏山にあり、古来は4ヵ所の古墳があったそうですが、現在は東に開口する1号墳のみが残されています。1号墳は、封土は相当流出していますが直径10m、高さ3m歩度の円墳であったと考えられており、砂岩を乱雑に積み上げた片袖式の横穴式石室をもっています。構築時期は、6世紀末から7世紀初めの頃と推定されています。

10.png

 所在地  徳島県阿南市羽ノ浦町宮倉字背戸田60
 お問い合わせ先  能路寺
 電話番号  0884-44-4782
 駐車場  有

10.png

地図

能路寺山古墳